園長あいさつ

 本園は昭和10年4月に宮城県女子師範附属幼稚園として創設され,その後,師範学校令の改正により,宮城師範学校附属幼稚園と改称。さらにその後も学校制度の改革などの歴史を経て,東北大学宮城師範学校附属幼稚園東北大学附属幼稚園となり,昭和42年4月より,宮城教育大学附属幼稚園となりました。創設以来80年以上の歴史ある幼稚園です。
本幼稚園は次のような教育目標を掲げています。
■ 教育目標  
お日さまいっぱいふりそそぐ中で,つまり大空の下,子どもたちに適切な環境を与え,個を大切にする保育を行う中で次のような目標に向かって保育・援助をしてまいります。

「元気な子ども」
身体も精神も健康な子ども,そして,何事にも前向きに積極的に取り組み,物事を肯定的に受け取れる子ども
「やさしい子ども」
友達や年下の者の気持ち,お母さんお父さんの気持ち,動物の気持ちを感じ,気配りのできる心を持つ子ども
「考える子ども」
したいこと・しなければならないことを,自分で考え,具体的にどうしたらできるだろうと考える子ども

この三つの教育目標に向かって教職員で力を合わせて努力してまいります。

 この幼稚園には非常に優秀な教職員が揃っております。その高い保育能力,研究能力も,皆様のご理解と保護者の皆様と教職員との信頼関係があってこそ,発揮できるものです。どんなことでも担任をはじめとする教職員にお話し下さい。我々は保護者の皆様のお話に耳を傾け,お互いに相談しやすい環境を作っていきたいと思っております。そして,子ども達が安心して遊び,個性や発達段階に応じた成長が見守れることを最大の喜び,仕事への活力として,保育に情熱を傾けていきたいと思っております。 

園長 浅野 治志